2020年04月05日

2020年1月1日〜4月5日ギャンブル収支

3月30日
なし
3月31日
なし
4月1日
なし
4月2日
なし
4月3日
なし
4月4日
中央競馬
28000→10070(-17930)
4月5日
中央競馬
31000→3310(-27690)

週間トータル-45620
トータルマイナス。
大阪杯は前走儲けさせてもらったカデナから買って惜しくも外れ。イン突き4着は見せ場たっぷりだったが・・・
先週はいろいろなことが起こった。公庫はとても混んでる気がするが、思ったより早く不況の連鎖攻撃を受けており頓死しないように資金手当てをしておいた方が良いのだろうか。

年間トータル-58540
中央競馬992000→960090(-31910、96.7%)
地方競馬98000→71370(-26630、72.8%)
posted by kmr at 18:46| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

2020年3月投資損益

2020年3月投資損益
確定-1106万
含み-954万
配当+29万

買い93銘柄、売り1銘柄

3月はパニックが加速し、株安債券安ゴールド安原油安ドル一手買いのまさにキャッシュイズキング現象が見られた。日経平均は16000円すれすれまで下落(その日の朝のCMEで15000円台を付けた)。そこが目先の底になった模様で月末にかけて日銀の2000億円砲、配当再投資買い、年金のリバランスなどで19000円弱まで戻した。体感的にもデータ的にも下落率・下落スピードはリーマンショック以上だった。日経平均は月間-10.5%。
3/13(金)の大波乱MSQの日に戦線縮小。その週は底入れすると思って少しずつ買っていたがその分は金曜日に全投げ、さらにレバを縮小するために流動性のあるものを売って計算上は日経平均12000円に備えた。その後もボラが高い中ほぼ全面安。今一度銘柄を見直してマーケットが落ち着いてきた3/23から小型株(主に優待目的のもの)を売って時価総額3000億以上の銘柄に乗り換え(資金は投入せず)。金額ベースで1/4くらいが新規銘柄に入れ替わった。年初からの損失は約3300万。一時は5000万くらい負けていたので良く戻したが今後も下げる場面は何回もありそう。ポートフォリオのメインは変わらず建設株で5G利用の技術革新に期待。
この歳になって退場するのはいやだし退場さえしなければいくらでもチャンスがあるので守り重視(でもリバは取りたい)。


2020年1月〜3月日経平均日足(歴史的下落)
nikkei3m_20200331.jpg
ラベル:月間投資損益
posted by kmr at 22:27| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

2020年1月1日〜3月29日ギャンブル収支

3月23日
なし
3月24日
なし
3月25日
なし
3月26日
なし
3月27日
なし
3月28日
中央競馬
27000→7800(-19200)
3月29日
中央競馬
42000→40350(-1650)

週間トータル-20850
トータルマイナス。
日曜日の中山競馬は雪で3R以降中止。高松宮記念はグランアレグリアから買ったが外れ。がんばれ元気に続きスプリンター全14巻を購入、読んだことはあると思うがあまり覚えがなかった。株はベアマーケットラリーが終わった後にまた下げそうだがとにかく6月の決済入金待ち。新コロナの影響が大きく、いろいろと黄色信号が点灯しており資金繰りも鉄骨渡りなので、不動産業界に悪化方向の急変が起こらないことを祈る。

年間トータル-12920
中央競馬933000→946710(+13710、101.4%)
地方競馬98000→71370(-26630、72.8%)
posted by kmr at 21:16| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

2019年12月期MonotaRO株主総会

2020年3月27日に兵庫県尼崎市の尼崎リサーチインキュベーションセンターで行われた株主総会に参加。事業説明に40分。所用で11時20分に退出。

株主からの質問
・事故で3億円の損失を出したが一部取締役の給与一部自主返納では反省が足りない→大変申し訳ない。単なる事業拡大だけではなく安心なサービスも築いていく。
・物的拡大を支える人材面はどうなっているのか→昨年正社員は67人の純増。従来以上に優秀な人材を集めやすくなっている。今後もシステム開発、物流オペレーション、営業の採用を続けていく。
・親会社とは世界戦略でどんな取り決めか→米英独はコンサルタントロイヤリティ収入。その他は親会社からの制約はなく自主的に進めていく。
・DC(ディストリビューションセンター)は自前なのか→笠間は自社物件、尼崎他はプロロジスからのリース。関西で自社物件を持つのは難しい。
・海外事業について10年後は日本を超えるか→日本のマーケットは5兆円、このままの成長で行くと海外が超えるということはない。
・産業廃棄物を自社処理する予定はあるか→専業の業者がいるので自社処理はしない。
・新型コロナに関して海外はどこが危険か→日本は経済停滞によって製造業についてはリーマンショック級の20%減が数カ月続く可能性がある。当時は売上1%成長まで落ちた。ただ当時とは違い弊社の対象業種において製造業の割合は40%以下なので少し耐性はある。海外事業は連結におけるインパクトは小さい。
・コロナ危機で逆にイーコマースが伸びるのでは→今のオンラインのマーケットは全体の10%の5000億くらいと想像。これからオンラインの比率は上がってくる。米国でもオンライン、オフラインの比率が劇的に変わっている。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 07:57| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

2019年12月期ナブテスコ株主総会

2020年3月24日に東京都千代田区の都市センターホテルで行われた株主総会に参加(初参加)。コロナの影響で座席間を1m離す配置、50人くらいの参加者。株主になって半年もたっていないが安くなったら買いたいと思っていた。社長は理系っぽくテクノロジーに関する話は淀みなく参考になった。11時15分終了。

株主からの質問
・センサー技術にはどのように取り組んでいるのか→ICT、IoT、AIが重要になってきている時代。工場内の観察や顧客に提案するセンサーの開発を進めている。センサーだけを売るのは難しく既存の製品に係るセンサーを開発して売っていきたい
・顧客の要望実現のためにどのような外部との協力、技術開発を行っているのか。研究開発費は売上比3%で足りるのか→京都にR&Dセンターを集約。日ごろから他社や京都大学等と協力、議論をしている。スイスのジュネーブでコーポレートベンチャーキャピタルを運営、すでに1社投資。しかし最も重要なのは内部の技術革新力。研究開発費は十分と思っている。
・オバロ社に投資して減損を出したがどのような戦略、展望があるのか→昨年も今年も減損処理をした。本年は13億円、大きな原因はIFRSの規則による減損処理。コロナの影響は別にしてアウディはフル生産に入った。欧州地域でこの会社の成長を進めていきたい。オバロの子会社アドコスの成長が重要で我々も勉強になっている。アドコスからの知見により設計を見直したりしている。2,3年先になれば設計のやり方も欧州流になり欧州に出ていける。
・受取手形、売掛金、仕掛品の今後の数値について→売上の増加に従い増えていく。
・自動ドアのマーケットは日本、世界それぞれどのくらいのシェアか→自動ドアは日本は安定的に成長、海外は爆発的には成長しない。日本のシェア50%、世界のシェア20%。
・ホームドアはどうなっているか→国内は堅調。海外はスイス子会社で広域に販売しており採算が合えば受注を取りに行く。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 07:06| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

2020年1月1日〜3月22日ギャンブル収支

3月16日
なし
3月17日
なし
3月18日
なし
3月19日
地方競馬
12000→1700(-10300)
3月20日
中央競馬
20000→16650(-3350)
3月21日
中央競馬
20000→37470(+17470)
3月22日
中央競馬
37000→27340(-9660)

週間トータル-5840
トータルとんとん。
がんばれ元気全28巻を購入して読んだ。懐かしかった。

年間トータル+7930
中央競馬864000→898560(+34560、104.0%)
地方競馬98000→71370(-26630、72.8%)
posted by kmr at 18:58| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

2020年1月1日〜3月15日ギャンブル収支

3月9日
なし
3月10日
なし
3月11日
なし
3月12日
なし
3月13日
なし
3月14日
中央競馬
37000→22880(-14120)
3月15日
中央競馬
45000→11850(-33150)

週間トータル-47270
トータルマイナス。
土曜日阪神SJのオジュウチョウサンの盤石の強さは感動もの。日曜日の障害、植野騎手は離された4着、1着との馬券を多く持っていたので惜しかった(が着差的にはあきらめがつく)。相場であまりにも負けすぎて備蓄していたクオカードで生活しなければ。

年間トータル+13770
中央競馬787000→817100(+30100、103.8%)
地方競馬86000→69670(-16330、81.0%)
posted by kmr at 08:23| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

2019年12月期トラスコ中山株主総会

2020年3月13日に東京都千代田区のホテルニューオータニで行われた株主総会に参加。非常に評判の良い株主総会でたくさんの来場者があるが今年はコロナ騒動とひょっとしたら株価大暴落の最中にあって参加者数は例年よりもかなり少なかった。投資がかさむ中で業績が踊り場、株価は大幅下落という中で中山社長のぶれぬ思いを聞けたように思う。用事があり東京会場の質問が終わったところで11時30分に退出(大阪会場と2つの会場で総会をやるというのも他に聞いたことがない)。

株主からの質問
・在庫商品のロス率はどのくらいか。また以前テスラ車を購入したと聞いたが何に利用しているのか→在庫総額430億円の中で第56期は4000万円、第57期は4300万円くらい。電気自動車の時代が来ると金属加工が減り商品に影響が出るかもしれないので勉強のためにテスラ車を購入した。結果として電気自動車の時代が来ると確信した。
・売上高予算は各支店長の報告から作ると書いてあるが慎重な人や過大な人でばらつきが出るのではないか→その点は会社で調整を入れる。
・社外取締役が2名から3名になるが社長にカリスマ性があるので心配→社内取締役が増えたので社外取締役も増やした。世の中の流れから女性の社外取締役を探していて今回お願いした。みなさん忌憚のない意見を言っていただいており、また私にはカリスマ性はない。
・プラネット埼玉は太陽光発電100%と言っているが工場の人はそうでないと言っていたから訂正したほうが良い→晴天時は100%補えるが確かに曇天の時は違う。次のCMの時は考える。
・インドネシアについて来期以降黒字化できるのか→確かにインドネシアは5年たっているが売り上げが伸びない。社長を交代したので今後の課題として見てほしい。
・配当性向を将来30%にすることはあるのか→最近のネット企業などを見ているとこれからも物流投資をしていくしかない。収益内の投資では間に合わない。方針としてリース資産は持たず償却できる資産は自前でそろえる。今はお金が必要で将来投資が落ち着けばということだが、今までを見ていると落ち着くことはなくどんどん成長を目指してきている。よって配当性向30%は考えていない。
・個人へのIRは何かやっているのか→いろいろやっている。特に株主総会はIRの原点だと思っている。
・女性の役員はいないのか→女性に役員になってほしいが実現できていない。支店長クラスが6名いるのでそこから出てくれば。
・他の取締役の持ち株数が少なくないか→役員持ち株会のみでストックオプションも考えていない。持ち株数に関係なくどんどん仕事をやってもらっているのでご心配なく。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 23:25| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年3月14日投資メモ(反省)

日経平均10年
nikkei10y_20200314.png

日経平均5年
nikkei5y_20200134.png

日経平均1年
nikkei1y_20200134.png

結局リーマンショック級の下げが来たわけだが、仮にここでいったん反発となれば当時とほぼ投資元本が同じで負けた金額は1/3くらい(さらに法人損失分には節税効果が・・・)。2回死ぬのは阿呆なので少しは学びがあったかもだがきつく反省。

振り返るとリーマンショック時は流動性の薄い銘柄にほぼ全額投資でそれを担保にレバレッジを利かせていた(それがお金が増えた原因でもあり大半を失った原因でもある)。またFXもレバ100倍口座でドル円をロングしていた。逃げるチャンスは何回かあったが、都度甘いニュースが流れてきて持ちこたえられるのではないかと考えてしまった。結局、契約していた不動産の手付金を捨てて全てを現金化して人民元定期預金に変え(円高&高金利だったので)素寒貧で再就職。その2年前に母親を亡くしいろいろと喪失感と罪悪感に悩まされた(一方で不遜なことに当時何件か見ていた不動産で最も引渡しの遅いものを契約していたので、一つ前のものにしていれば資金の一部を不動産に逃がすことができていたのに・・・などとも思っていた)。
当時の記憶(特につらかった記憶)は薄れているが四季報に自分の名前が載ったのとシンガポールで生活できたのは数少ない良い思い出。

幸運だったのはギリ30代だったので働く口があったこと。凌いでいるうちに景気の底で父親の相続が発生し低評価の不動産と借金が評価相殺でほぼノーコスト相続。金利は下がる一方で借金返済もリファイナンスもうまくいき、その間に株価も地価も2倍超に。特にシクってもシクっても日銀が買い支えてしまう株式相場は(冷静に見ると誰のためにそんなことをしてくれているのか不明だが)助かった。現時点で株はしこらせてしまったが不動産は契約済みなのでエグジットできそう。

よく考えると100%運が良かっただけだった。
ラベル:投資メモ
posted by kmr at 22:55| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20200312月岡温泉1

2日前に電話予約して、ふるさと納税でもらった月岡温泉感謝券を握りしめて月岡温泉へ。
新幹線で新潟→在来線に乗り換え豊栄に行きそこからバスに乗って白玉の湯華鳳へ(バス代300円)。
コロナ対策がしっかりと施されていて手を消毒してからチェックイン。
まずは風呂。夕食は村上牛とアワビの踊り食い(2つのうち1つは死んでいたのか踊らなかった)。そしてまた風呂。朝食はバイキング。
華鳳に泊まるのは3回目で硫黄臭の温泉が気に入っている。お湯につかりながらナンピンして莫大な含み損を抱えて悶々とするよりも損切りして適正なサイズのポートフォリオにしようと思った(実際は想定以上の暴落に襲い掛かられて狼狽しながら損切った)。

8CC81B37-5F64-48D9-8004-1D9D88D5ECB1.jpg
posted by kmr at 21:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする