2017年06月15日

2017年3月期安川電機株主総会

2017年6月15日に福岡県北九州市の安川電機本社で行われた株主総会に参加。中期経営計画の説明あり。11時終了。

株主からの質問
・BREXITによる欧州事業の影響について→(外国人取締役が返答)今の段階で英国がどのような対応を取るかわからない。メイ首相はハードブレクジットを志向していたが選挙で負けたのでよりソフトな方向になるのではないか。ポンド安で人件費が安くなるというメリットが出た。
・監査役の報酬が業績連動というのはなじまなのではないだろうか→中期経営計画を達成するのには監査役のガバナンスも貢献するので達成報酬を出す。中期経営計画以上の業績連動分は報酬を支給しない。
・海外子会社の監査はどうなっているか→当社から役員を派遣してチェックし月次のレポートを受け取っている。またコンプライアンスとしては社内通報制度を設けて、不正の目が出てきても早く芽を摘むようにしている。
・トランプ政権後の安川電機の事業について→(外国人取締役が返答)今のところは何も言えないがトランプ政権の目的は「アメリカを強くする」ということなのでGDPや雇用は上向きになると思われる。減税政策やヘルスケア政策が実現すればアメリカだけではなく日本にとっても良いと思われる。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 21:57| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする