2018年03月09日

2017年12月期トラスコ中山株主総会

2018年3月9日に東京都千代田区のホテルニューオータニで行われた株主総会に参加。
株主総会が最大のIRと豪語するだけあって今まで見た株主総会の中ではベスト。よくある朗読形式ではなく経営方針や業務内容など細かい説明があった。特に物流効率化の話は面白かった。また株主の質問に入る前に2つ説明あり。
1.売上が増えたのに利益が増えない理由→人件費の増加、運賃・荷造り費の増加、減価償却費の増加の3点が理由
2.無借金経営からなぜ借入をしたのか→物流に多額の投資が必要。手元資金だけではスピードが遅くサイドの資金調達も考えている
会社側の説明が11時30分に終了。株主の質問は東京会場は順調に進んだものの大阪会場に移って最初のおじさんが延々と感謝の気持ちを話し始めたので12時15分に退出。

株主からの質問
・物流拡充で人員は減ると思うのだがどの分野が増えているのか。またテスラやドローンを昔紹介していたが(?)どうなったのか→物流拡充によって本来よりも人員増を抑えることができた。テスラに乗って電気自動車の時代の到来を確信した。ドローンは年間1.5億の売上が出ている。
・第58期までの業績予想は出ているがその先はどんな見込みか→長期経営計画は立てていない。この3年で全ての装備を完成させたいと思っている。
・社外取締役の選定の基準は→明文化してはいないが候補を取締役で出し合って重複した人を挙げた。ともに会社を良くしていける人を選んだ。
・物流の故障や火災への対応は→アスクルの件は教訓としている。スプリンクラー等、設備的にはしっかりやっている。
・ユーザーへの直送体制を整えるとは具体的に?→卸売りの先までやるということである。
・役員の評価制度について→完璧な評価制度はない中で理想を求めてやっている。わだかまりのない職場作りを目指している。
・配当を1/3欲しい→投資がかさんでいるので配当性向25%でご容赦いただきたい。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 19:03| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする