2020年01月29日

2019年11月期フジ・コーポレション株主総会

2020年1月29日に宮城県仙台市の仙台勝山館で行われた株主総会に参加(初参加)。開始時刻が11時なのを10時と間違えて会場入りしてしまい、人気がなくこれは超過疎総会かと思ってしまった。生憎の豪雨で足元もビチョビチョだったが11時開始で察せる通りサクッと終わった。30人くらい参加、半分以上は関係者と思われる。社長の質疑応答はまずまず。11時30分終了。

株主からの質問
・今後の売上増のためには東名阪の出店が必要ではないか→店舗を出すより自社ECを強化。楽天やヤフーにも出店しているが自社ECを強化して全体の売上を増やしていく。
・ユニクロのように発送元は消費者に近いところにあったほうが良いのではないか→当社はタイヤとホイールを組みつける作業を必要とするので色々な場所でこれをやることができない。対応として自動化を取り入れ注文から発送までのスピードアップが重要であると考えている。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 19:27| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

2020年1月1日〜1月26日ギャンブル収支

1月20日
地方競馬
4000→0(-4000)
1月21日
地方競馬
10000→0(-10000)
1月22日
地方競馬
13000→4310(-8690)
1月23日
地方競馬
3000→1600(-1400)
1月24日
地方競馬
7000→0(-7000)
1月25日
中央競馬
37000→4980(-32020)
1月26日
中央競馬
42000→50160(+8160)

週間トータル-54950
トータルマイナス。
大井競馬が始まり全敗。

年間トータル-10800
中央競馬254000→274290(+20290、107.9%)
地方競馬37000→5910(-31090、15.9%)
posted by kmr at 19:03| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

20190123湯原温泉1

昨年は総会帰りに湯郷温泉に行ったが今年は湯原温泉へ。無料送迎バスで岡山駅から約2時間。小雨が降っていたため周辺は散策しなかったがバスからの眺めでは特に何もなく湯郷温泉よりもこじんまりしている。楽天トラベルで予約しても事前決済できず現地現金決済のみの6400円(朝食付き)。この場所でこのシステムだと来る人も限られて実際に温泉も(ほぼ人がいなくて)のんびり入れたので良かった。
6BA1DB31-D3A8-45AD-ABB2-F479C75CF412.jpg
posted by kmr at 08:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

2019年11月期萩原工業株主総会

2020年1月23日に岡山県倉敷市のアイビースクエアで行われた株主総会に参加。美観地区の中にあり観光も兼ねた。頭のおかしい人が(順番を最後に回されたものの)延々と質問する展開になり退出。質問数を制限しないという不手際が目立った。

株主からの質問
・生産設備の投資について具体的に何についてか。→笠岡工場の投資、現在の設備の増強、機械事業部のシステム投資
・東洋平成ポリマーについてシュリンクフィルムの将来性はどうなのか。また買収の意図は?→フィルムは高付加価値品はバクスター等に納入。シュリンクフィルムはアマゾンが減らすと言っている。40億の売上の会社で合成樹脂事業の強化等、買収のシナジーがある。また2.8万坪の土地を持ってるので、余剰の土地を利用して関東方面の物流を強化する。
・環境対応製品の取組みはあるか?→ブルーシートで初めてエコマーク取得。岡山大学と提携してSGDsを強化している。
・経営者トップインタビューの中で、6年ごとに課長以上が変わるとあるが社長はどうなのか?派遣社員が半年間サーフィンしていたで正社員になったとあるが本当か。→私については株主総会で選ばれるので別。派遣社員の件については私が人事の頃で古い話。
・ブルーシートについて家を全部囲うものはあるのか?→ない。特注のニーズがあれば検討する。
・笠岡に土地を購入したそうだがいつ頃投資して雇用がどれくらい生まれるのか。→2年後の着工を目指しているのではっきりしたことはまだ何も決まっていない。色々なところにある工場を集約していくつもり。
・役員に女性が少ない→社外役員が1人女性。従業員については13%女性。いろんな施策をうちたい。
・合成樹脂部門の人員が減って機械部門の人員が増えたがそういう方向性なのか→連結ベースの話でインドネシアの合成樹脂部門が減っただけ。
・使われたブルーシートは御社で回収しているのか?→使用済みのものは汚れていて我々の機械だけでリサイクルするのは無理。リサイクル業者とタイアップしてやっていこうと思っている。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 16:21| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

2020年1月1日〜1月19日ギャンブル収支

1月13日
中央競馬
27000→0(-27000)
1月14日
なし
1月15日
なし
1月16日
なし
1月17日
なし
1月18日
中央競馬
21000→0(-21000)
1月19日
中央競馬
40000→47420(+7420)

週間トータル-40580
トータルマイナス。
水曜日に「カイジファイナルゲーム」鑑賞。平日の昼間だったので10人くらいしかいなかったと思うが、女性単独で見に来ているというのは藤原竜也ファンなのかカイジそのものが面白いのか。上がり3ハロンの数字が見づらいのでついに老眼鏡(度数1.25)を作成。

年間トータル+44150
中央競馬175000→219150(+44150、125.2%)
地方競馬0→0(±0、-%)
posted by kmr at 20:09| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

2020年1月1日〜1月12日ギャンブル収支

1月6日
なし
1月7日
なし
1月8日
なし
1月9日
なし
1月10日
なし
1月11日
中央競馬
32000→73500(+41500)
1月12日
中央競馬
30000→90590(+60590)

週間トータル+102090
トータルまずまず。
土曜日に中山競馬場に遠征。自分的メインレースの中山新春ジャンプステークスを植野騎手で仕留めて(3着だったが)大満足。何か月ぶりの土日プラスだろうか。

年間トータル+84730
中央競馬87000→171730(+84730、197.3%)
地方競馬0→0(±0、-%)
posted by kmr at 22:18| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

2020年1月1日〜1月5日ギャンブル収支

1月1日
なし
1月2日
なし
1月3日
なし
1月4日
なし
1月5日
中央競馬
29000→7640(-17360)

週間トータル-17360
トータルマイナス。
今年は@中央競馬400万〜500万の買いで回収率80%以上、A地方競馬100万以下の買いで回収率80%以上を目標に。トータルの年間ギャンブル予算は120万円で。

年間トータル-17360
中央競馬29000→7640(-17360、30.5%)
地方競馬0→0(±0、-%)
posted by kmr at 20:20| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

2020年1月2日ギャンブルメモ(2019年パチンコ年間収支)

2019年8月17日をもってパチンコをやめた(ある程度は予想していた)。勝てないのは毎度のことだが爆音・爆照明・キチ連打の台ばかりに加えて設定付き・出玉スピード調整が加わって飽きが来た。パチンコを打つようになったのは1986年〜1987年あたりからと思うがノーマルデジパチ(ストップボタン付き→ストップボタンなし→おまけチャッカ―)から連荘機が導入されたころが熱狂のさなか、特にフィーバーレクサスYD(1990年1月)が狂いの入り口だったように記憶している。とにかく毎朝巣鴨のパチ屋に行って単発回しをしないと気が済まなかった。すべてを犠牲にして麻雀とパチンコに狂っていたのは1989年〜1994年で今思い出しても確かに楽しい毎日であった、というのは学生ローン多重債務者であったことを考慮すると記憶が美化されているだけかもしれない。


パチンコ年間収支(2009年より記録)
2019年-166500(6勝14敗)
2018年-66000(47勝59敗)
2017年+111000(42勝45敗)
2016年-62000
2015年-20000
2014年-198000
2013年-160500
2012年-47100
2011年-101500
2010年+240500
2009年-36000
posted by kmr at 11:58| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年1月2日ギャンブルメモ(2019年地方競馬年間収支)

ネット購入の大井競馬はもう少し負けていないかと思った。ネット468000→339310(-128690、72.5%)、現金84000→150350(+66350、178.9%)、現金買いはほぼ大井競馬場なので大井では確かに好調だった。注目騎手は藤田凌、達城龍次、藤本現暉、吉井章。

2019年競馬場別成績
nra_20191230.jpg

年間収支(2017年より記録)
2019年552000→489660(-62340、88.7%、17勝39敗)
2018年625000→511330(-113670、81.8%、18勝58敗)
2017年1940000→1444780(-495220、74.4%、32勝79敗)
posted by kmr at 10:29| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020年1月1日ギャンブルメモ(2019年中央競馬年間収支)

2019年の目標は400万円〜500万円くらいの買いで回収率80%くらいだったので買い407万回収率71.9%は不合格。年間最も買ったのは障害レースの植野貴也騎手(3年連続)でネット上は回収率87%。無駄のないコース取りは全レース見ていて楽しい。今年は全レース単勝1000円複勝3000円を最低買いとしたがTARGETで調べたところ2019年の植野騎手の成績は3-3-8-53で単勝回収率107%複勝回収率115%。これ自体は利益を生んでいた(他の種類の馬券を買うのを我慢するのはなかなか難しい)。過去3年17-13-24-167単157%複97%、過去5年32-23-46-260単120%複110%と時間軸を長くしてもこの数字なので相当パフォーマンスの高いジョッキーだと思う。その他注目していたジョッキーとしては国分恭介(買い5位回収率88%)、森裕太郎(買い21位回収率167%)。森裕太郎は腕は立つのに乗鞍が少なすぎるのは何故だろうか。来年はさらに国分優作、野中悠太郎にも注目。

2019年競馬場別成績
keibajo_20191230.jpg

2019年騎手別成績
kishu_20191231.jpg

年間収支(2009年より記録)
2019年4078000→2934050(-1143950、71.9%、27勝80敗)
2018年4933000→4014090(-918910、81.3%、29勝77敗)
2017年4232000→4250800(+18800、100.4%、35勝74敗)
2016年3606000→2622710(-983290、72.7%)
2015年4952000→3473890(-1478110、70.1%)
2014年8973000→7521390(-1451610、83.8%)
2013年10693000→7893950(-2799050、73.8%)
2012年3150000→2956320(-193680、93.8%)
2011年2789000→1200050(-1588950、43.0%)
2010年5175100→4243350(-931750、81.9%)
2009年4212300→4362350(+150050、103.5%)

iPAT騎手別購入額上位10位(回収率)
2019年
1.植野貴也(87%)
2.福永祐一(103%)
3.Cルメール(42%)
4.川田将雅(96%)
5.国分恭介(88%)
6.和田竜二(67%)
7.横山武史(54%)
8.松山弘平(115%)
9.野中悠太郎(117%)
10.北村友一(109%)
2018年
1.植野貴也(67%)
2.国分恭介(86%)
3.森裕太朗(56%)
4.Cルメール(79%)
5.武藤雅(131%)
6.Mデムーロ(83%)
7.横山武史(136%)
8.松山弘平(76%)
9.戸崎圭太(40%)
10.北村友一(51%)
2017年
1.植野貴也(96%)
2.戸崎圭太(99%)
3.Cルメール(91%)
4.和田竜二(189%)
5.森裕太朗(123%)
6.福永祐一(67%)
7.Mデムーロ(100%)
8.幸英明(131%)
9.田辺裕信(50%)
10.大野拓弥(44%)
2016年
1.Cルメール(106%)
2.戸崎圭太(79%)
3.Mデムーロ(60%)
4.川田将雅(42%)
5.田辺裕信(77%)
6.蛯名正義(47%)
7.松山弘平(116%)
8.柴山雄一(105%)
9.大野拓弥(63%)
10.藤岡康太(58%)
2015年
1.岩田康誠(44%)
2.戸崎圭太(110%)
3.浜中俊(36%)
4.Mデムーロ(71%)
5.Cルメール(89%)
6.福永祐一(65%)
7.蛯名正義(61%)
8.川田将雅(49%)
9.松山弘平(46%)
10.藤岡康太(16%)
2014年
1.田中勝春(120%)
2.岩田康誠(55%)
3.浜中俊(46%)
4.北村宏司(81%)
5.戸崎圭太(56%)
6.蛯名正義(90%)
7.川田将雅(79%)
8.福永祐一(126%)
9.北村友一(99%)
10.三浦皇成(37%)
2013年
1.田中勝春(93%)
2.福永祐一(61%)
3.戸崎圭太(58%)
4.丸田恭介(28%)
5.勝浦正樹(72%)
6.秋山真一郎(60%)
7.浜中俊(72%)
8.内田博幸(48%)
9.岩田康誠(112%)
10,川田将雅(105%)
2012年
1.丸田恭介(95%)
2.福永祐一(30%)
3.内田博幸(126%)
4.田中勝春(148%)
5.蛯名正義(97%)
6.浜中俊(122%)
7.松山弘平(47%)
8.秋山真一郎(126%)
9.岩田康誠(148%)
10.大野拓弥(31%)
2011年
1.丸田恭介(148%)
2.松岡正海(212%)
3.柴田大知(66%)
4.U.リスポリ(59%)
5.国分優作(164%)
6.田辺裕信(51%)
7.岩田康誠(60%))
8.大野拓弥(10%)
9.和田竜二(71%))
10.内田博幸(2%)
2010年
1.丸田恭介(88%)
2.丸山元気(42%)
3.松岡正海(68%)
4.古川吉洋(41%)
5.吉田豊(20%)
6.内田博幸(162%)
7.後藤浩輝(12%)
8.和田竜二(55%)
9.福永祐一(24%)
10.柴田善臣(117%)
2009年
1.内田博幸(109%)
2.後藤浩輝(67%)
3.安藤勝己(297%)
4.松岡正海(94%)
5.横山典弘(122%)
6.吉田豊(61%)
7.蛯名正義(83%)
8.藤田伸二(239%)
9.岩田康誠(122%)
10.柴田善臣(175%)
posted by kmr at 19:43| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする