2014年04月28日

20140424〜20140430香港・マカオ2

カジノはミニマム500の大小、ミニマム500のブラックジャックを渋々やる。ブラックジャックはテーブル数も少ないが人気もそれほどなくたまに一人でできるのが良い。ただ観客が100だけのせてくるのやめてくれないかなあ。マカオだとプレーしない人間も堂々と座ってあれやこれやと言ってくるのが大変。大小の良いところは見ができるので時間がもつ。しかし一定量負けたのでカジノは打ち止め。
日曜日はフェリーで香港に戻りMTRで上環→中環→油麻地→九龍塘→馬場と乗り継いで競馬場へ。
メインのQEU(8R)は日本からエピファネイアとアンコイルドが参戦。この2頭は大差ないとみていたがアンコイルドは先行して早々失速殿負け。エピファネイアは4コーナー抜群の手応えに見えたんだけど直線伸びず4着。末が甘いのは日本にいるときと同じように感じた。この世代はやはりキズナの1強みたいだ。
1着のDESIGNS ON ROME は評判場馬で220円ついたのはやはりエピファネイアの単だけが売れてたからかもしれない。Jムーア管理馬(4頭出し)のワンツーで3連単は5→1→4の49.3倍と本命サイドだった。

4FC95D72-F1BC-43CC-A956-011A7A53B615.jpg
パドックでのエピファネイア

D0B17F83-BB6A-4351-87D2-2EED0FA7EC4C.jpg

写りが悪いが手前が3番エピファネイア、向こうが側が8番アンコイルド。エピファネイアは発汗が目立っていた。

A970D08E-6044-4B33-8440-D5D6706719BC.jpg

アンコイルドの複勝は8倍くらいついていたのでこっちを買った。3連単は単純に地元勢で。

馬券の種類はいろいろあって面白く2Rからやっていたが本命がとびまくりで(確か2R〜7Rまで1着は全部1番人気以外で単勝万馬券も出てた)小額で遊べるのでやはり競馬は楽しい。日本のG1と違い混んでいないので観戦しやすかった。
競馬終了後はフェリーでマカオに戻った。
とても面倒であった。
posted by kmr at 10:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: