2016年06月08日

前期は赤字模様

自社が5月末決算で先週末に前期4Qの書類を税理士に発送完了。
自己計算では90万円ほどの赤字で、消費税益税が若干戻りそうだがそれでも前々期の+1500から見ると情けない。要因は先物損失…。前々期に繰損を全部使ってしまって前期は納税かと思っていたのだが…。
現金、株、債券、保険の合計で見ると昨年比+170で一応2014年の倒産危機からは徐々に離れつつある。
同族企業ということもあり(頼んでもいないのに)役員に名前を載せてお金を払っている親戚などもいたが、先代のなあなあ経営で会社がつぶれそうになったわけでそういうのとは今期から決別。仕事をした人には対価を払いそうでない人には1円も払わないというあたりまえの路線で、関係は悪くなったが親戚には任期満了で退任してもらった。退職金も要求されたが…こっちが欲しいくらいなんだけどなあ。
次に手を付けるのは銀行関係で、某メガバンクと某信用金庫に取引があるが信用金庫の方の担当者がアレすぎてつらいのでメガバンクのみにしようかな。借入れが緩いということで信金との取引を始めたみたいだが、借金全部返したしもう当分借入れすることもないしな。
posted by kmr at 10:52| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: