2017年04月27日

平成29年1月期積水ハウス株主総会

2017年4月27日に大阪府大阪市のウェスティンホテル大阪で行われた株主総会に参加。総会の議長は社長ではなく会長が務めた。好業績高利回りの割には評価されていない会社。毎年株主からの質問では大和ハウスとの比較論が出る。11時30分終了。

株主からの質問
・漫談が始まり「みなさん!積水ハウスの株価って安いと思いませんか〜?」と問いかける変な人が登場。(あと個人名を出して褒めちぎっていたがよく理解できなかった)→IRを通じて株価上昇を図っていきたい。
・業績に株価は連動するのか。為替の業績への影響は?→株式マーケットは国内市場が縮小していくと考えているので当社の評価も低いかもしれないがわれわれは世界に打って出ていく。円安のほうが業績にプラス。
・株主優待を株数比例にしてほしい。また7月や1000株未満の株主にも優待を出すべきではないか?→考えていない。
・熊本地震の影響は→ない。
・外国人持ち株比率と海外でのIRはどうなっているか→1月末で29.59%。主にアメリカとイギリスでIR部隊は常に活動している。国際市場での活躍が認められれば株価も上がるだろう。
・国際市場では具体手にどうやってやっていくのか→オーストラリアはシドニー近郊でマンション事業をやっており順調。中国ではスケルトンではなく日本式に内装をして売っているが高評価。アメリカではマンション事業をやっており中期経営計画では大きく寄与する予定。
・人手不足はないか?また社員教育はしっかりやっているか→長年の付き合いがあり人手不足にはならない。社員教育はよそに出しても恥ずかしくないほどしっかりやっている。
・子会社の決算期が1月でないものはあるか→海外子会社は12月決算。リートは3月決算だがそれを運営している当社子会社の決算期は1月。
・アメリカで買収したウッドサイト社について最近よくあるような減損はないか→アメリカの信頼できるパートナーに選んでもらったので大丈夫。のれんは100億計上。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 21:10| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: