2018年05月29日

2018年2月期安川電機株主総会

2018年5月29日に福岡県北九州市の安川電機本社で行われた安川電機の株主総会に参加。昨年までは3月20日決算という中途半端な決算日だったが今年から2月末決算に変更。持ち株の中では唯一のグローバルで戦える企業。と言っても株価のおいしい時期は過ぎたと思うが…旅行は楽しい。社長の声のトーンと活舌がいまいちで応答が聞き取りづらかった。質問を全部こなして11時終了。
総会後に安川電機本社から黒崎駅とは逆方向に20分ほど歩いてコスモスドラッグに到着。優待を消化。入口の数歩前に犬糞らしきものがありそれを踏んで店内に入ってしまった人がいたようでひどい痕跡が残っていた。

株主からの質問
・今期の売上、利益予想共に大幅増益予想だがアメリカの保護貿易の影響は出そうか→中国での生産における足元の影響はない。中国で作って中国からアメリカに輸出している製品はなく、米中貿易戦争の影響はない。
・配当性向を挙げてほしい。総会後の見学について歴史館、未来館の他に工場も見学できるようにしてほしい→見学は検討する。配当性向は中期計画で配当性向30%まで段階的に上げていく。将来の設備投資が必要でそれにより利益を増やし配当も上げることができる。またキャッシュフローが改善しているので自社株買いも実行している。
・株価を上げてくれ(自称82歳OB)→企業価値を向上させることで株価を上げたい。情報開示も積極的に行っている。
・衣料や介護に展開する予定はあるのか→非常に積極的というわけではないが取り組んでいる。リハビリ商品はある一定期間だけのものなのでリース会社と協力してやっていきたい。
・アメリカの生産における現地調達率はどのくらいか。また工場を作れと言われたらどうするのか→現地調達率は40~50%くらい。ロボットメーカーでアメリカで生産している会社はない(?)ので日本か中国か欧州から輸出していく。
・女性役員はいるのか。これからどうしていくのか→社外取締役に女性を登用した。製造業であり理系の採用が多いということで女性役員の取り組みは弱いと認めざるを得ないが今後は考えていきたい。
・IQメカトロニクスについて詳しく知りたい→今まではモーション、ロボットと別々であったがこれからは別々ではなくインテグレートしていってデータを集めていく。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 20:00| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: