2018年09月28日

2018年6月期ユニバーサル園芸社株主総会

2018年9月27日に大阪府茨木市の本社敷地内のビニールハウスで行われた株主総会に参加。当日は三重県津市で行われるグリーンズの総会との両天秤で実際はグリーンズの方に出席したかったが、津まで片道2時間3000円は負担が大きかったのでユニバーサル園芸社のほうに参加。一時は結構持っていたが割安ではなくなったので今はあまりない。11時30分終了。

株主からの質問
・アメリカのローリング社の人材流出の原因は→現地の責任者を頼りしていたが、その責任者が辞めてしまいそれに続いて他の人材も辞めていった。認識が甘かった。
・昨年野菜の苗を扱うと言っていたが4月20日に電話したらその予定はないと言われた。また株価が2割下がっている。来年東証1部に上場すると言っていたがどうなのか→4月に野菜の苗コーナーはあったが完売した。株価は上場からは4倍になっているが最近買っていただいた株主様にはご迷惑をかけ申し訳ないと思っている。1部上場はしたいと思っているが目指していると言っただけで確実に上場するとは言っていない。言えばインサイダーになってしまうので。
・減益理由をもう少し説明してほしい→当期純利益の落ち込み幅が一番大きいがアメリカの赤字と、アメリカの税制変更による要因がその理由。来年は売上も利益も伸びる予定。
・アメリカの見通しは→数字は後からついてくるものだから今年はあまり芳しくないが来期からはよくなると思う。
・社外取締役、女性取締役がいない→1部上場の場合は2名の社外取締役が義務となるが今はその義務がない。1人候補者を検討したがまだ会社の規模が小さいので見送った。新卒採用の半分は女性だがどうしても10年たつとあまり残らない。今後のテーマ。
・大阪に災害が大きかった影響は→大きな損害はほとんどなかった。
・のれん8億円の内訳は→アメリカ子会社が5.5億、シンガポール子会社が2.5億。
ラベル:株主総会
posted by kmr at 09:00| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: