2018年11月21日

2018年11月21日投資メモ(ひふみ投信売却)

銀行の不動産に対する法人融資が激冷えしてしまい、某購入物件の借入をあきらめて自腹調達(を10月に決めた)。
皮算用では年末年始の株式相場ラリーを享受してから3月から4月にかけて現金化しようと思っていたがやや雲行きが怪しくなってきたので早めに調達。リーマンショック時に調子に乗って全飛ばししてしまいマンションの手付金も返ってこなかった経験が生きた(かもしれない)・・・この歳でこれを再現してしまうとつらい。
株を売るか投信を売るかの2択。ゴミばかりのひどいポートフォリオだがゴミほどかわいくポートフォリオというよりコレクションになってしまっているので投信を売却という結論になった。
9月末時点で法人個人合算ポートフォリオの26%を占めていたひふみ投信の80%ちょっとを売却。ひふみ投信を初めて購入したのは2015年6月12日@32370。それ以来大変お世話になった。

パッシブ全盛の中でかなり優秀なアクティブファンドであったが1年では配当込まずTOPIXと同じ(ということは負け)
hihumi1y_20181121.png

5年ではTOPIXに大きく勝ち
hihumi5y_20181121.png

シャープレシオが高いので見た目以上の価値がある。
しかし資本をそれほど必要としない業種でレオスがIPOを決めたことは残念(親会社の意向か?)。上場して雑業務が増えてパフォーマンスに対して良いことは何一つないと思うから。また残高が増えすぎて得意分野の国内中小型株だけでは資金を吸収しきれないのもマイナス(海外株を買い始めているところに苦心を感じる)。ということで今後はレオスとしてはいろいろなタイプの投信を出して残高を積み上げる方向に、投信のパフォーマンスは指数並みになると想像する。それでも自分で運用するよりは良いかもしれないがそれでは面白くないので少し残して大半を売った。
ラベル:投資メモ
posted by kmr at 10:46| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: