2020年03月31日

2020年3月投資損益

2020年3月投資損益
確定-1106万
含み-954万
配当+29万

買い93銘柄、売り1銘柄

3月はパニックが加速し、株安債券安ゴールド安原油安ドル一手買いのまさにキャッシュイズキング現象が見られた。日経平均は16000円すれすれまで下落(その日の朝のCMEで15000円台を付けた)。そこが目先の底になった模様で月末にかけて日銀の2000億円砲、配当再投資買い、年金のリバランスなどで19000円弱まで戻した。体感的にもデータ的にも下落率・下落スピードはリーマンショック以上だった。日経平均は月間-10.5%。
3/13(金)の大波乱MSQの日に戦線縮小。その週は底入れすると思って少しずつ買っていたがその分は金曜日に全投げ、さらにレバを縮小するために流動性のあるものを売って計算上は日経平均12000円に備えた。その後もボラが高い中ほぼ全面安。今一度銘柄を見直してマーケットが落ち着いてきた3/23から小型株(主に優待目的のもの)を売って時価総額3000億以上の銘柄に乗り換え(資金は投入せず)。金額ベースで1/4くらいが新規銘柄に入れ替わった。年初からの損失は約3300万。一時は5000万くらい負けていたので良く戻したが今後も下げる場面は何回もありそう。ポートフォリオのメインは変わらず建設株で5G利用の技術革新に期待。
この歳になって退場するのはいやだし退場さえしなければいくらでもチャンスがあるので守り重視(でもリバは取りたい)。


2020年1月〜3月日経平均日足(歴史的下落)
nikkei3m_20200331.jpg
ラベル:月間投資損益
posted by kmr at 22:27| Comment(0) | 経済、投資、投機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: