2017年02月22日

本日決済日

本日決済日。
某メガバンに売主、買主、司法書士、融資担当者が集まり粛々と手続きを進めた。
午前中に集まるのは万が一実印等を忘れたときに銀行の閉まる15時までにリカバリーできるからだそうだ。
売上の4倍の借入金をして、ざっと計算したところ年間のキャッシュフローはマイナス濃厚で自己資本比率は12%に急低下と、こんな会社の株は買いたくない…というBSになった。しかし15年固定の低金利という条件だったので実際は無限に借りたかった…
約3か月との銀行交渉で学んだことは、
・他にもいろいろ交渉している感を出す
・連帯保証人はお断りする
・とにかく資料をいっぱい作って返済ストーリーを語る
ということで、日銀による人工的な低金利状態という恵まれた状況下ではあったが下手に自己資金を出すと言わずに全額借入方針を強く打ち出して正解だった(信用金庫は与信能力が低く融資額が希望の半分で金利は高く、公庫は地銀紹介&協調融資で金利は中程度。これらからの借入だと半分詰んでいた)。
posted by kmr at 21:16| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

資金調達2

20年ローン(当初10年固定金利0.91%or15年固定1.07%)、連帯保証人不要という条件で融資が満額おりた。メガバンクさすがだ。
この条件なら無限に借りたい…
posted by kmr at 17:17| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

資金調達

土地の買取りが決まり金融機関と交渉。審査中だが融資が下りるかどうかは不明。条件面を見るとメガバンクから借りるのは無理、、、連帯保証人必要とか…
某メガバンク
・20年ローン
・金利は当初10年間固定、10年後に見直し
・担保必要、経営者保証必要、連帯保証人必要
日本政策金融公庫
・20年ローン
・金利は20年間固定
・連帯保証人不要
・担保価値が十分あれば経営者保証も不要
・他の銀行との協調融資が望ましく、地銀や信金を紹介してくれる(が、銀行が連帯保証を必要とするのかどうかは不明)


posted by kmr at 11:39| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

自社2017年5月期2Q決算

自社2017年5月期2Q決算
営業利益428万
経常利益643万
税引前純利益643万

自社2016年5月期2Q決算
営業利益392万
経常利益▲307万
税引前純利益▲307万

営業益の微増は10月、11月と経費を使わなかった(使えなかった)からでその分は下半期にしっかり使う。昨年は先物で物故いたが今期はそれがなく、また現金捻出のために株を売却したので売却益を計上せざるを得なくなった。このままだと税金が35%ゾーンに突入してくるので何とかしないと。底地購入の計画だがなかなか銀行さまがお金を貸してくれない。お金を貸すのが仕事のはずなんだが…
posted by kmr at 19:29| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

振込手数料

月初の振込みをネットバンキングでパタパタやっていたら今まで0円だった振込手数料が108円かかっている。3メガバンのうちいまのところこの銀行(メインバンク)だけのようだ。金利はつかない、金は貸してくれない、手数料はしっかり取るゼロ金利便乗戦略か…今回は海外にいるので泣く泣く支払ったが、今後は新生銀行を迂回利用して絶対に振込手数料は支払わない。
posted by kmr at 03:33| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

自社2016年5月期4Q決算

自社2016年5月期4Q決算
営業利益762万
経常利益▲55万
税引前純利益▲55万
下半期に追い込んだが黒転ならず。先物オプションの損失に加えて現物もクロスして積極的に損失を出した。これで経営を始めてからの3年の税引き前当期純利益が+1067→+1629→-55
銀行から大き目の借り入れを考えているので今期の赤字はスコアを落としてしまったかもしれない。が、本業はコストカットもうまくいっているしちゃんと説明してお金を貸してもらわないと…
posted by kmr at 15:48| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

役員退任登記

役員の退任登記をした。今まで登記は司法書士に頼んでいたが簡単そうなものは自分でやれば経費節減になるし、今は親切なサイトがそろっている。ほぼ何もわからない状態から以下の手順で登記申請をした。

@ネットで書式、申請方法などの情報収集
参考にしたサイト(一部)
商業・法人登記申請(申請用紙、記載例など)
http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html
総務の森(質問を受けてもらえる)
http://www.soumunomori.com/

A細かいところが分からないので電話で相談
登記電話相談室(法務局が登記申請に当たって一般的な相談に乗ってくれる)に電話。必要書類とおおよその株主総会の議事録の書き方を教えてくれた。今回は役員の退任のみだったので「これは決議事項でなく報告事項なので決議事項の前に報告事項として任期満了による退任を記載すればよい」ということを教えてもらった。

B提出
法務局に提出の際も割り印など不備があったが丁寧に教えてくれた。訪れた某出張所は12時から13時はお昼休憩らしく相談不可で提出のみ。今回はぎりぎり間にあった。登記費用は1万円ぽっきり。
posted by kmr at 11:29| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

前期は赤字模様

自社が5月末決算で先週末に前期4Qの書類を税理士に発送完了。
自己計算では90万円ほどの赤字で、消費税益税が若干戻りそうだがそれでも前々期の+1500から見ると情けない。要因は先物損失…。前々期に繰損を全部使ってしまって前期は納税かと思っていたのだが…。
現金、株、債券、保険の合計で見ると昨年比+170で一応2014年の倒産危機からは徐々に離れつつある。
同族企業ということもあり(頼んでもいないのに)役員に名前を載せてお金を払っている親戚などもいたが、先代のなあなあ経営で会社がつぶれそうになったわけでそういうのとは今期から決別。仕事をした人には対価を払いそうでない人には1円も払わないというあたりまえの路線で、関係は悪くなったが親戚には任期満了で退任してもらった。退職金も要求されたが…こっちが欲しいくらいなんだけどなあ。
次に手を付けるのは銀行関係で、某メガバンクと某信用金庫に取引があるが信用金庫の方の担当者がアレすぎてつらいのでメガバンクのみにしようかな。借入れが緩いということで信金との取引を始めたみたいだが、借金全部返したしもう当分借入れすることもないしな。
posted by kmr at 10:52| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

暫定PLとBSを見ながら決算想定

あと2カ月で今期も終了で暫定PLとBSを見ながら決算想定。
運用損失が1000万くらい出たのでおそらく赤字決算。値洗いしたこともありポートフォリオは含み益、ひふみ投信もプラ転。ひふみの運用がTOPIXを安定的に上回っているので追加資金はひふみのほうに入れている。自己運用は旅行もかねて大阪や地方の企業への投資とINDEXに限定。ドルへのエクスポージャーは105円で4000万くらいを考えているが現在はまだ1400万くらい。先物オプションはしばらく個人口座でやることにしたが人生の残り時間を考えてほどほどに…
不動産のほうは古い建物だが大雨時以外は特に問題なし、1階との定借が切れる時にどうするかを考え中。底地権者が無理難題を言ってきているのが不穏。銀行からも借り入れできる話をもらっているので買取したいのだが話は進展せず。こっちはこっちで逆にバブルの高値で売れたらとか妄想中。
BSは健全。
節税としては保険と倒産防止共済を利用しているが保険のうちの1つを2020年に解約予定なのでそれに合わせて費用計上できるものを考えているが自宅の買取による減価償却くらいしか思いつかない。
自分が生きていればなんとかなるだろうし、ぽっくり逝っても2億の保険金が入るので家族には迷惑がかからないな。
posted by kmr at 19:52| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

平成27年12月31日インベストプラス17半期決算

1口当たり分配金5348円(税引前)
定期預金代わりに投資している匿名組合(インベストプラス17 by東京建物)の半期決算が来て想定利率1.0%のところ1.07%の配当だった。リートに比べると利率は低いが元本が棄損しにくい分、預金の一部をこちらに回したが次シリーズのお誘いは想定利率0.7%なのでさすがに投資しなかった…
敷金で預かっている分の半分は取り崩しの可能性がかなり低いので円建てのインカム狙いのものに投資したいが良さそうなものは何一つない。10年スパンで本当に円安になってくれるなら米国債で良いんだけど。
posted by kmr at 15:24| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

自社2016年5月期2Q決算

営業利益392万
経常利益▲307万
税引前純利益▲307万
株式関連の実現損が699万で半期単位での運用損失は初(2012年11月より経営&運用開始)。特にオプションのやられが痛かった。含み益は340万円あるが相場の見通しと税金対策を考えると今のところこのままで。
下期の営業益も400万前後ありそうなので通年ではちょいプラで着地か。
生命保険は短期が2022年あたり、長期が2030年あたりで解約。倒産防止共済も6月から月10万円で始めた。節税は結構しているが解約時期が難しい。
posted by kmr at 20:57| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

土地担保の掛目、借入金利

【備忘録】
信用金庫で融資の相談。
土地担保は路線価の70%が担保掛目。
金利は1.5%から1%台後半。メガバンとも交渉というネタを入れると金利は下限で決まりそう。この金利で借りられれば今支払っている地代よりも安く済むことになり、土地買収のメリットは大きい。
建物は耐用年数が残っておらず資産価値はほとんどなし。建て替えなら将来のキャッシュフロー想定で借入枠が広がる。
posted by kmr at 23:29| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

退職金の受け取り方(備忘録)

まだ先の話だが退職金の受け取り方によってかかる税金がずいぶん違うので調べてみた。
もらう退職金扱いのものは
@自社の退職金(2012年12月役員就任)
A小規模企業共済(2013年3月加入)
B確定拠出年金(2002年4月加入)
3つとももらう時期を自分で操作できるのが大きなメリット。

退職所得控除額の方程式は
勤続年数20年以内:40万円×(勤続年数)
勤続年数20年以上:800万円+70万円×(勤続年数-20年)

*例えば勤続年数が15年1カ月なら16年に切り上げ

Aの小規模企業共済は「会社解散による共済金受け取り」とするのが最大利得となりということは@も同時にもらうことになるので時期の分散はできない。
しかしBの確定拠出年金は受取時期を60歳以上で調整することができる。

(パターン1)@ABを同時に受け取る
同じ年に複数の退職金を受け取る場合は長いほうの勤続年数が計算式に採用される。
よって退職所得控除額は800万円+70万円×(確定拠出年金の勤続年数-20年)

(パターン2)Bを先に受け取り5年後に@Aを受け取る
こんな法律があった。
・小規模企業共済の共済金一括払いはその年の前年4年以内に受け取った退職所得までは考慮するが、それより前の退職所得は考慮されない。
・確定拠出年金の場合は、過去14年までさかのぼって計算される。
これってちゃんとした顧問税理士がついているかよっぽど節税に興味がないと見過ごしてしまう気がする。
ということで、時期をずらすのも@A→BではなくてB→@Aの順番にして間を5年(以上)開けると退職所得控除が2回受けられることになる。
実際にこれを実行に移すのは2030年〜2035年なのでまた法律が変わっているかもしれない。課税強化の方向なのでパターン2のメリットを活かせなくなる可能性もありそうだ。
posted by kmr at 12:51| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

2カ月連続赤字

会社経営を始めて3年目に突入だが、この7月と8月で2カ月連続赤字になった。2カ月連続赤字は初めてで運用損が大きい。自分と家族の給料もアップさせちゃったしちょっと気を引き締めないといけない。でも3カ月連続赤字は確定的なんだけど。
まずいなー。
posted by kmr at 11:27| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

2015年5月期決算ができた

運用益が寄与して繰越損失一掃。借入金も返済し無借金になった。
前期比較で
BPS1769→3243
EPS967→1474
ROE54.7→45.5
ROA13.3→16.7
自己資本比率24.4→36.7
posted by kmr at 20:13| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

会社の資金繰り

昨日はあるメガバンクと将来の融資(今時点では必要ないが5年以内50%、10年以内100%くらいの確率で起こる)についてのプランを相談しに行ってきた。
イベント1:とある事情により1.5億〜2億くらいの土地購入資金が必要
イベント2:10年間の定期借地権契約終了によりビルの建て替えをするので3億くらいの資金が必要
これが我が社の資金需要。ちなみにBS上の余剰資金は何と0円。3年前には0.5億の債務超過だったのでようやく退院したような状況だ。
イベント1に関しては共同所有の土地を買い取る計画で(持ち分半々)担保の掛け目が80%は見込めるということだったので問題ないことが分かった。金利3%で2億円借りても今払っている地代よりも安くメリットがある。前提としては低金利が継続するかどうかということであるがそこは日銀に頑張ってもらうしかない。
イベント2に関してはノンリコースで1.5億くらいなら借りられることが分かった。会社の資金繰りに人生賭けて個人保障を入れるというのは嫌なので(担保がなくなるのは良いが自己破産まで追いやられるといろいろ面倒なので)10年間で1.5億貯めることが最低条件であるようだ。論点を整理して資金計画を練り、銀行の圧力に負けず自分の要望通りの契約にするということは改めて重要だと思った。
メガバンクの条件はわかったので今度は信用金庫でのヒアリングをするつもりだ。信金だとノンリコースは難しいかもしれないがメガバンクより金利面で良い条件を引き出せると思う。金を借りるのはこちらなので複数の金融機関に競わせないといけない。
【ローン金利推移】
loankinri.pdf
posted by kmr at 11:20| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

リフォーム完成

住居部分のリフォーム完成。1200万の投資だったのでテナント入ってほしいのだが微妙な物件か。
テナントが入らない場合は自分で何かやらなくてはならない。
住むというのもありだが。
posted by kmr at 09:47| Comment(0) | 会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする